不動産管理

不動産賃貸借におけるトラブルへの対応実務 -原状回復・建物改築時の明渡し・トラブルについて- vol. 1(現状回復費用)


■設例

建物(昭和40年代建築)のオーナーA社は、テナントBとCに事務所の用途でワンフロアを賃貸していたところ、同建物は、耐震診断の結果、耐震強度は新耐震の基準をおよそ満たしていないことが判明したので、この機会に新耐震基準を満たすビルに改築する計画を立てて、B、Cとの各契約を終了させる交渉をした。

(1)現状回復費用
Bは、A社からの賃貸借契約の解約申入れに異議を唱えることなく、賃借フロアの鍵を全て返還し、A社はこれを受け取った。
賃貸借契約書の原状回復条項としては、『原状回復工事は、床タイルカーペット貼替え、壁クロス貼替え、天井クロス貼替え、及び室内全体クリーニング仕上げ等の工事を基本として、賃借人の負担とする。』

『賃借人が本契約終了日までに原状回復を行わないときは、賃貸人は自ら原状回復措置をとることができ、その費用を賃借人に請求することができる。』との定めがあった。

しかし、Bは、原状回復をしなかったので、A社は、やむなく自分で原状回復工事を行い、その費用を敷金から差し引いたうえで残額の敷金の返還をした。これに対し、Bは、「A社の原状回復費用は経年劣化又は通常損耗分を含んでいるが、自分はそうした部分の負担をする義務はない。」と述べ、A社に対して、不足分の敷金の返還請求の訴訟を提起してきた。
続きを読む

家財保険のご確認を!加入して不測の事態に備える

賃貸住宅の入居者とオーナー様とのトラブルでよく耳のするのが入居者退去時のお部屋の損害についてです。入居者の過失でお部屋を破損させた場合は入居者に賠償義務があります。火事を起こしてしまった場合はもちろんですが、家具の移動中に壁にぶつけて穴を開けてしまったとか、洗面台に化粧瓶を落としてヒビを入れてしまった、などがよくあるケースです。

続きを読む

義父の突然の他界 経営のノウハウ伝承の重要さを知る

廣田裕司オーナーは、神奈川県藤沢市の地主の三人姉妹の長女だった奥様と三十数年前に結婚。廣田家の婿養子となったことがきっかけで、賃貸経営に参画するようになりました。結婚当初は、土木関係の仕事を行い、公務員と兼務で不動産事業を行う義父の背中を見ながら、「ゆくゆくは、自分も義父同様に会社員と兼務で不動産の運営を行っていければ・・・」と思っていました。

続きを読む

ほんの少しのひと工夫で入居者に喜ばれる空間が完成

スパークリングワインとウェルカムメッセージを添える

皆さん、こんにちは。福岡で「大家業は人生貢献業!」をモットーに不動産賃貸業を営んでいる中西と申します。

現在、繁忙期まっただなか!一年のうちで最も入退去の動きが激しい時期を迎えています。

(※この記事は2月1日発行のハウスくん通信の内容になります)

続きを読む

家業引継ぎは突然に…

父親の他界、母親の要介護状態を乗り越えて

加藤茂助オーナーは、東京都練馬区内の地主さんです。定年退職控えた12年前に隣家に住む母親が転倒して要介護になったことをきっかけに、母親所有のアパートを引き継いだのが始まりです。

続きを読む