不動産投資・市況

民泊新法から1年が経過 そして今

「住宅宿泊事業法(民泊新法)」が2018年の6月15日に施行されたことで、空き家や空室を宿泊施設として貸し出すことが合法化。新規に事業参入する個人投資家や法人の数も増加した。
180日という営業日数の制限はあるが、果たして、勝機はあるのだろうか。スーパーホストの齋浦武志オーナーに話を伺った。

細やかな気遣いで宿泊者をおもてなし

ダリの絵画が飾られた寝室
続きを読む

【豪州不動産事情】3.こんなに違う日本と豪州の土地 ~1セントでも多く貯める知恵~

果たしてこんな事が許されていいのでしょうか(笑)?
運河沿いに建てられた家々には、プライベートな桟橋と自家用モーターボート。庭先で釣りをすれば、釣れるのはクロダイ・コチ・マナガツオ等々。ボートやジェットスキーを桟橋に係留するだけでなく、地下に格納庫がある家も。

初めて訪れた時のゴールドコースト…。
旅行ガイドで見慣れた海沿いの写真しか頭に無かった私にとって、ウオーターフロントの住宅地は衝撃的でした。

ランナウェイ・ベイ地区

出典:Google Earth
続きを読む

【豪州不動産事情】2.オーストラリア投資物件あれこれ ~どんなのがいいの?

日本の暑い夏、寿命が縮む思い。正反対の季節へ避暑にいらしてはいかがでしょうか。冬のゴールドコースト、昼間はポカポカ25度、夜は12度。カーディガン1枚あれば快適に過ごせます。

そして日本の寒~い冬。真夏のゴールドコーストは昼間28度、夜は20度。1年を通じて300日が快晴、朝から夜までオプショナルツアーで観光や各種体験を楽しまれてもいいのですが、何もしない1日を作ってのんびり砂浜に寝転がって何も考えないでいるのも実は贅沢な時間の過ごし方かも知れません。喉が渇いたら冷たいビールを一杯、それが心の栄養補給になります。

続きを読む

【VRで変わる新市場】不動産テックの最前線と実態

スペースリー社が提供するパノラマ画像(2019年11月 当社所有物件)

AI時代に求められる人の役割とはその先にある”ビジネス”の活路

AI化、ロボット化が進むと、不動産会社の役割はどのように変化していき、人にしかできない分野とは一体どんなことなのでしょうか?

続きを読む