【Q&A】どうする?数年後の耐震建物への改築に備えての普通借家契約の変更

Q.弊社は、旧耐震ビルを普通借家契約にて賃貸中で1年後に期間満了となりますが、数年後に新耐震建物への改築を計画しています。

今回テナントとの交渉にあたり、後から「テナントに不利な合意だから借地借家法により無効だ」などと言われないように法的に有効な合意を目指したいと思います。どのように考えればよいでしょうか。

続きを読む

【マンガ】かいけつハウスくん 昭和〜平成〜令和のイエリース!!

好立地ながら築古のマンションを保有する昭和さん。新築の頃はいつも満室でしたが、築年数の経過した今では新しい入居者がなかなか入らず、空室が目立つように。
リノベーションして空室対策をしたいものの、資金が無い、借金も怖い……と悩む昭和さんは、不動産の専門家・大家博士に相談することにしました。
金銭的なリスクを抑えながら、リノベーションで築古マンションの資産価値を高め、競争力のある部屋に変える方法とは?

続きを読む

2020年からスタートする「配偶者居住権」のメリット・デメリットとは?

残された配偶者が「無償で住む権利」を保障するために新設

現在の民法では、自宅以外に相続する財産が多くない家庭の場合、夫(妻)亡き後に残された一方が経済的に苦しい状況に置かれることがあります。たとえば、夫が亡くなり妻と子供2人が相続した場合、仮に夫の全遺産が4,000万円だったとすると妻には2,000万円の、子供たちにはそれぞれ1,000万円の法定相続分(民法上定められた相続分)があることになります。

続きを読む

平成30年4月1日から令和3年3月31日までの間に、相続を受けた人への名義変更の登記について

相続登記の登録免許税が免税に

相続により土地を取得した方が、その土地の所有権移転登記の前に相続が発生した場合、平成30年4月1日から令和3年3月31日までの間に、その相続が発生した方への名義変更の登記については、登録免許税がかからないことになりました。

続きを読む