【Q&A】テナントが建設協力金との相殺特約を新賃貸人に主張し、認められる可能性は大

Q.弊社は、最近、X社からテナントAに賃貸中のビル1棟を購入しました。

売買契約上、弊社は、敷金は引き継ぐも建設協力金は引き継がない内容でした。しかし、テナントAに賃料請求したところ、前賃貸人X社との間で、テナントAは、建設協力金を毎月分割して償還を受け、毎月賃料と相殺する旨の賃貸借契約書の特約があったので、テナントAは、これに基づき弊社に相殺を主張し、賃料は相殺後の残額しか支払わないと主張しています。そうした主張は認められますか。

続きを読む

第1回:株価は何で決まるの? 相場の福の神は、株価=現実×夢 だと考えています。

まいど、相場の福の神こと藤本誠之です。
藤本は、財産ネット株式会社というフィンテックベンチャー企業に所属するマーケットアナリストです。ラジオやテレビ、雑誌・新聞・WEBなど様々な媒体で、個人投資家に成長銘柄をご紹介することがメインビジネスです。 

続きを読む

【Q&A】借主が賃貸借か使用貸借かは買受人にとって経営上重大な問題

Q.弊社の知人が経営するX社は、本業の他に遊休不動産の賃貸もしています。

知人の先代のときにYに遊休建物を使用させていましたが、賃料を支払うとの書面は交わしていなかったものの、Yは、使用している建物の他にX社が所有する他の不動産についても、固定資産税を負担して来ました

続きを読む