不動産投資

【豪州不動産事情】9. オーストラリアの物件に投資するタイミングについて

なかなか休みが取れない投資家の皆様、たまには息抜きが必要でしょう。そこで社員には「不動産の視察にオーストラリアへ行かなきゃ。仕事なんだよ、ふぅ・・・」と言い残してオーストラリアへひとっ飛びはいかがでしょう? 青い海、青い空、綺麗な町並み・・・生き返りますよ(クックック笑)。

よく「ゴールドコーストでお勧めの宿はありますか?」と聞かれます。ズバリ、コンドミニアム Soul(ソウル)です。韓国の首都ではありません、「魂」です(笑)。私が持っている部屋とは同じ道沿いのライバルなのですが、悔しいけど Soulの勝ち。

続きを読む

【マンガ】かいけつハウスくん 新宿御苑の仙人

一流のミュージシャンを目指しギターの練習に励む山田さんは、新宿御苑にほど近いマンションに暮らしているが、騒音の問題でマンションで思うように練習ができず悩んでいた。
新宿御苑で知り合った仲間達も騒音の悩みを抱えており、防音マンションに住みたいと話していたところ、御苑の仙人と言われる大京さんがマンションを建てると言い出して…

続きを読む

【豪州不動産事情】6. 改めて知る郊外物件の良さ 物件購入ポイント3

旅行ガイドで見るゴールドコーストの写真は、繁華街サーファーズパラダイスです。

この町には多くの店舗やレストランがあって、楽しい町。ただ人が多過ぎると感じる時があります。それに投資として一室を購入するには、やや高額。また日本人は中古が買えず新築しか選べないので、投資をしたい時に運良く建設中か、あるいは竣工後に売れ残っていた部屋がオークションで処分されるタイミングでなければ部屋を手に入れる事が出来ません。

続きを読む

民泊新法から1年が経過 そして今

「住宅宿泊事業法(民泊新法)」が2018年の6月15日に施行されたことで、空き家や空室を宿泊施設として貸し出すことが合法化。新規に事業参入する個人投資家や法人の数も増加した。
180日という営業日数の制限はあるが、果たして、勝機はあるのだろうか。スーパーホストの齋浦武志オーナーに話を伺った。

細やかな気遣いで宿泊者をおもてなし

ダリの絵画が飾られた寝室
続きを読む