環境省が昨年の12月28日に公表した、2017年度(平成29年度)の「犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況」に関する統計によると、全国の保健所や動物愛護センターなどで殺処分された犬猫の数が2016年度の5万5998匹から4万3216匹に減少したことがわかりました。

続きを読む