「住宅ストック循環支援事業」スタート 建て替えやリフォーム費用の有効な活用術

「住宅ストック循環支援事業」スタート 建て替えやリフォーム費用の有効な活用術

国土交通省に登録している補助事業者と居住者が協力して申請することが必要

平成28年度補正予算の成立で、国土交通省の「住宅ストック循環支援事業」がスタートしました。対象となる事業とその主な条件は、

  1. 良質な住宅の購入…補正予算成立日の平成28年10月11日以降に40歳未満の人が既存住宅を自己居住用の住宅として購入する売買に際し、建築士による住宅の現況検査(インスペクション)が実施され、既存住宅売買瑕疵保険が付保されること
  2. エコリフォーム…自ら居住する住宅について、耐震性を含む一定の条件に該当するエコリフォームを実施すること
  3. エコ住宅への建替え…耐震性を有しない住宅を一定の条件を満たすエコ住宅に建て替えることです。補助金は、事業の内容に応じて異なります。


①良質な既存住宅の購入は、インスペクションに係る補助額は5万円、②エコリフォームに係る補助額は、工事内容により異なりますが、補助限度額は30万円、耐震改修工事をおこなう場合の補助限度額は45万円、③エコ住宅への建替えの補助額は30万円ですが、住宅の構造に応じて10万円又は20万円が加算されます。

補助金の交付申請は、平成29年1月18日から受付が開始されますが、遅くとも平成29年6月30日までに、国土交通省に補助事業者登録をおこなった仲介業者・インスペクション事業者、工事請負業者、建築事業者等(補助事業者といいます)と居住者が協力して申請することが必要です。

また、遅くとも平成29年12月31日までに事業の完了報告をすることが必要です。住宅の購入、リフォーム、建替えを検討されている方は、この補助金を活用されることをおすすめします。


賃貸経営「トラブル解決」完全マニュアルを無料でダウンロード! (全27ページ)

  1. 防犯関連トラブル
  2. 室内・外からの騒音関連トラブル
  3. 水や電気などの設備関連トラブル
  4. ゴミ関連トラブル
  5. ペット飼育をはじめとする入居者ルール違反関連トラブル
  6. 家賃滞納トラブル

賃貸物件でのトラブルは大まかに上記の6つに分類することができます。いわゆるおきまりのパターンです。

(株)アズ企画設計の代表松本がこれまでの経験により、「トラブル解決」をマニュアルとしてまとめたものです。
下記のフォームにご入力いただければ、無料ですぐに資料がダウンロードできるURLをお送りします。

ご興味のある情報(複数回答可)【必須】



リノベーションカテゴリの最新記事