不動産経営

義父の突然の他界 経営のノウハウ伝承の重要さを知る

廣田裕司オーナーは、神奈川県藤沢市の地主の三人姉妹の長女だった奥様と三十数年前に結婚。廣田家の婿養子となったことがきっかけで、賃貸経営に参画するようになりました。結婚当初は、土木関係の仕事を行い、公務員と兼務で不動産事業を行う義父の背中を見ながら、「ゆくゆくは、自分も義父同様に会社員と兼務で不動産の運営を行っていければ・・・」と思っていました。

続きを読む

家業引継ぎは突然に…

父親の他界、母親の要介護状態を乗り越えて

加藤茂助オーナーは、東京都練馬区内の地主さんです。定年退職控えた12年前に隣家に住む母親が転倒して要介護になったことをきっかけに、母親所有のアパートを引き継いだのが始まりです。

続きを読む

【名家探訪】142世帯の緑豊かで閑静な賃貸住宅 地域活性化に貢献するコミュニティを形成

緑豊かな環境で、子育て世代が多く住む土志田さんの「エスポワール松風台」を紹介いたします。

四季折々の花が咲き乱れるエスポワール松風台

東京ドーム約半分の敷地に建つ建物

東急電鉄田園都市線『青葉台』駅から徒歩9分の場所に、約1万5000本の木々が植栽された築24年の家族向け賃貸住宅「エスポワール松風台」があります。同物件を家族で運営する土志田祐子さんのご主人のおじいさまは、東急電鉄の創業者五島慶太氏が田奈・長津田エリアまで鉄道をひきたいと訪ねてこられた時に地権者を取りまとめた地元の名士でした。

続きを読む