【豪州不動産事情】4. 改めて知る郊外物件の良さ 物件購入ポイント3

旅行ガイドで見るゴールドコーストの写真は、繁華街サーファーズパラダイスです。

この町には多くの店舗やレストランがあって、楽しい町。ただ人が多過ぎると感じる時があります。それに投資として一室を購入するには、やや高額。また日本人は中古が買えず新築しか選べないので、投資をしたい時に運良く建設中か、あるいは竣工後に売れ残っていた部屋がオークションで処分されるタイミングでなければ部屋を手に入れる事が出来ません。

サーファーズから海岸沿いに車を走らせてみましょう。魅力的な町が続いているんです。少し郊外に目を向けてみると、まず海が綺麗、緑や公園が多い、車が少なくて走り易いし、人が少なくてのんびりした雰囲気…。地方へ行くほど海岸沿いのコンドミニアムが低層になり、あちこちで外国人も買える新築物件を建設中。そこで郊外で物件を買う際のポイントをお知らせしましょう。

バーレイヘッズ地区

① 海の見える部屋が望ましい

サーファーズパラダイスの物件ならオフシーズンでも全体的に稼働率は高いのですが、郊外で海が見えない物件となるとオフシーズンの稼働率がガクンと下がります。海が見える部屋なら一年を通して旅行者に良く利用されます。

キラ地区

② 近所に飲食店やスーパーがあること

地方へ行くほど、店の数が少なくなります。出来れば徒歩圏に飲食店があるといいですね。運良く1階がカフェになっている物件に巡り会えればラッキー。また評判なのが海沿いの町に一つずつある「サーフクラブ」。店内に入るには住所と名前を書かされますが、バーとレストランとスロットマシンがあって週末は朝食から営業しているところも。夜には生演奏が入る施設もあって、地元の社交場にも。そしてサーフクラブの前の海岸は遊泳可能。

③ 中心地より収入が落ちることを覚悟して投資

高額物件ほど良く稼ぎ、そこそこの物件は収入もそこそこ。これ自然の摂理(笑)。どちらがお好みか、それは人それぞれ。

高層建築物が並ぶ賑やかな繁華街は朝から夜まで魅力的だし、郊外のそれぞれの町にも心が洗われるような代えがたい魅力があります。ズバリ私のお勧め…静かな町に一部屋を買って滞在中のほとんどを自分の部屋でのんびり過ごし、時々1泊2万円くらい払って町の中心地に泊まりがけで遊びに行くんです。これならゴールドコーストの両方の魅力を感じられますので。

さあ、どの部屋を買おうか。最後は「どんな部屋で自分が酒を飲んだら幸せか?」を想像して決めてみてはいかがでしょうか。皆様が良い物件と出会えますように。

その他の【豪州不動産事情】はこちらから

SNSでもご購読できます。