ほんの少しのひと工夫で入居者に喜ばれる空間が完成

スパークリングワインとウェルカムメッセージを添える

皆さん、こんにちは。福岡で「大家業は人生貢献業!」をモットーに不動産賃貸業を営んでいる中西と申します。

現在、繁忙期まっただなか!一年のうちで最も入退去の動きが激しい時期を迎えています。

(※この記事は2月1日発行のハウスくん通信の内容になります)

そんな中、競合物件を抑えて入居申込みを勝ち取るための秘訣。それは「ほんの少し手間をかけること」ではないでしょうか。その少しの手間が競合物件との大きな差別化となりかねません。今回は、私がやっている「少しの手間」をご紹介させて頂きます。

例えば、内覧に来られた方のためにスリッパを用意したり、第一印象を良くするために玄関にアロマディフューザー(芳香剤)を置いたりするのは必須ですし、家具の採寸用にメモ帳・ボールペン・メジャーも必ず準備しています。また、最寄りのコンビニやスーパー、学校、病院などを記載したマップも用意しておくと非常に喜ばれます。

更に意外な盲点となるのが空間の有効活用。「こういうところにこういうものがあったらいいな」と思えるものを事前に用意しておくのです。私がよくやるのは、玄関口にバッグや帽子などを掛けられるフックを取り付けたり、洗濯機置場の上部に棚を付けて収納スペースとしたり、トイレのタンクの上などにも収納スペースを設けておくと効果的です。

洗濯機の上のデッドス
ペースを生かした棚

そして仕上げは、入居申込みの後。私は必ず新しい入居者さんに向けて一筆書くようにしています。やはりどんなに時代が進もうとも直筆の温かみは不変ですね。それと共にお花やスパークリングワインなども添えると、本当に喜んで頂けてその後のコミュニケーションが見違えて円滑になるものです。その他、手間を掛けようと思えば出来ることはまだまだ沢山あります。

猫のフックで、壁面を有効活用

要は、大家自らが考え、アイデアを出し、それを実践することが繁忙期を勝ち抜く秘訣と言えるでしょう!今回の記事が貴方の今後の賃貸経営に少しでもご参考になれば幸いです。共にこの繁忙期を乗り越えていきましょうね!

SNSでもご購読できます。