【マンガ】かいけつハウスくん 高級マンションを民泊化

【マンガ】かいけつハウスくん 高級マンションを民泊化

高級マンションを所有する大家の善福寺労さん。人気エリアの吉祥寺に近い立地で、暖炉もある3LDKの90平米の部屋ですが、ここのところ空室が続いています。「人付き合いが下手で」と悩む大家さんは、ひょんなきっかけからマンションを外国人旅行者へ向けて民泊化することに。

空室改善の一手として注目されるマンションの民泊化は、果たしてうまくいくのでしょうか?

東京オリンピックに向けて外国人旅行者が急増していることから、注目されるマンションの民泊化。2018年6月には民泊新法が施行され、一定の基準を満たして届け出をすれば一般住宅でも最大で年間180日の民泊運営が可能になりました。

善福寺さんの所有する高級マンションには暖炉があり、リフォームの必要もなく家具を置くだけで民泊として活用できたため、マンションの空室を改善して以前よりも高収益になったのです。

不動産の最適な活用方法は、立地や設備によっても異なります。あなたも不動産の活用方法を専門家に相談してみませんか?大家さんに役立つセミナーも開催していますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

その他カテゴリの最新記事