法律・税金・相続

小規模宅地等の特例の「家なき子」への適用が改正に

イメージ

被相続人の居住用の宅地等に特例を適用することで受けられるメリットとは…

小規模宅地等のうち被相続人の居住用の宅地等に特例を適用する場合、亡くなられた方に配偶者も同居している相続人もいないときは、3年以上自分又は自分の配偶者の持家に住んでいない親族が相続しても申告期限まで保有していれば、330㎡まで80%を減額することができます。現行の特例では、相続をした人が他人の所有している家に住んでいることが条件でした。

続きを読む

備えあれば憂いなし!遺言は公正証書遺言がおすすめなワケ

相続が争族にならないために、 死ぬまでにやるべきこととは?

これまで相続について考えたことはありますか?自分名義の不動産や預貯金、株式などについて、自分が死んだ後のことまで具体的に対策をしていますか?もしも、まだそのような対策をしていない方で「自分の財産を特定の誰かに残したい」という方には、公正証書遺言の作成をおすすめいたします

続きを読む

親から相続した不動産を売るために準備しておくこと

実家を長期間空き家にしておくと起こりうる問題

相続人がいずれも遠方にいるなどの理由で、相続した不動産に誰も住むことができないケースが多くなっています。ただ、実家を長期間空き家にしておくことにはそれなりのリスク、デメリットがあります。

続きを読む

不動産を共有名義にすることのリスク

共有名義の財産の売却は全員の関与が必要

不動産は1人だけでなく、複数人の名義(共有)にすることができます。親から不動産を相続した子供が複数いる場合など、話し合いがまとまらないので「とりあえず兄弟で共有にしておこう」と考える人もいます。

続きを読む