ハウスくん通信編集部

民泊新法から1年が経過 そして今

「住宅宿泊事業法(民泊新法)」が2018年の6月15日に施行されたことで、空き家や空室を宿泊施設として貸し出すことが合法化。新規に事業参入する個人投資家や法人の数も増加した。
180日という営業日数の制限はあるが、果たして、勝機はあるのだろうか。スーパーホストの齋浦武志オーナーに話を伺った。

細やかな気遣いで宿泊者をおもてなし

ダリの絵画が飾られた寝室
続きを読む

一般社団法人コワーキングスペース協会 星野邦敏氏が語る、遊休不動産活用としてのコワーキングスペース

近年は、都心の一等地を除き、長期的に不稼働となっている「遊休不動産」の活用方法に頭を悩ませる方、不動産オーナー様も多くいらっしゃいます。
そこで今回はコワーキングスペース協会の代表理事を務めており、コワーキングスペース7F(ナナエフ)の運営代表者である星野 邦敏さんに「遊休不動産活用としてのコワーキングスペース」について、詳しくお話しを伺いました。

続きを読む

【VRで変わる新市場】不動産テックの最前線と実態

スペースリー社が提供するパノラマ画像(2019年11月 当社所有物件)

AI時代に求められる人の役割とはその先にある”ビジネス”の活路

AI化、ロボット化が進むと、不動産会社の役割はどのように変化していき、人にしかできない分野とは一体どんなことなのでしょうか?

続きを読む