【マンガ】かいけつハウスくん 横浜、光のクリオネ

横浜に住む芸術家の関内さん。お金が尽き途方にくれています。その頃、横浜オーナーの事業用ビルテナントについて、売却すべきか相談を受けていたハウスくんと大家博士。空室対策を考えていて、中華街に食事に行くことになり、途中倒れている関内さんが。
関内さんの素晴らしい絵を見て、大家博士がひらめいたアイディアとは?

横浜オーナーのビルの空きテナントをリノベーション後、芸術作品の展覧会を開催。メディアに取り上げられて大成功。空室は全部埋まり、作品も売れてウィンウィンに。
物件の資産価値を高めることは、空室対策になります。アズ企画設計なら、ビル経営でお悩みの方に最適なご提案が可能です。ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

SNSでもご購読できます。